:::

真夏アサリ狩り季満喫行2泊3日


2016-10-05
1日目: 台北/金門─【柳營步兵体験園区→莒光楼→後浦老街→聖祖貢糖→金門ビーチでアサリ狩り】
2日目: ホテル朝食─【小金門(四維坑道、鐵漢堡、勇士堡、地雷主題館)/大金門(水頭文化村)→馬家麵線】 ホテル朝食─【太武山→獅山砲陣地(砲操)→金合利鋼刀→金湖広場】─ 金門/台北
特色商店: 聖祖貢糖   馬家麵線   金合利鋼刀  

聖祖貢糖

聖祖貢糖
  • Store:聖祖貢糖
  • TEL:082-323456
  • Add:金門県金寧鄉伯玉路2段301号

「貢糖」の名称の由来としては、かつて民間で朝貢品として作られていたため「貢」の文字を冠するという説と、貢糖を作る過程で材料を人の力で打ち柔らかさを調整することを閩南語で「摃」ということから来ているという二説がある。砂糖と落花生で作ったお菓子が、「貢」をつけるだけで皇帝のおやつに変身し、高級感が漂うことになった。
現代式管理システムを導入した聖祖貢糖は、日本から金門唯一「落花生選別機」を調達した業者である。メイン材料としてふっくらした新鮮な上等品だけを選別させた後、経験豊富な職人と徹底した品質管理を通して出来上がった貢糖は、より一層香ばしくて美味しい。



馬家麵線

馬家麵線
  • Store:馬家麵線
  • TEL:082-372237
  • Add:金門県金寧鄉伯玉路二段159号

馬森殿氏が地元のアモイ同安で麵線作りの名を知られ、20年代初期金門に馬家麵線を創業。4代渡り、好評の百年老舗である。昔ながらの手作り技術は金門で随一である。風も日差しもまぶしいほど強いのため、麵線作りにぴったり。良質な水で作り上げた麵線を恵まれた日差しと風で干したら、冷蔵庫に入れなくても長持ち可能。もちろん防腐剤・漂白剤一切なしです。馬家麵線観光工場で麵線作りを見学できます。麵線についての知識を身に着けた後試食を頂けるうれしいフル体験。



金合利鋼刀

 金合利鋼刀
  • Store: 金合利鋼刀
  • TEL:082-323999
  • Add:金門県金寧鄉伯玉路一段236号 

厦門で修業した呉宗山氏は、清光緒時代から鍛冶の職人であった。家元を継がれた呉朝熙氏が金合利製刀廠を起業した1937年まで早60年。金門砲戦などの戦いを耐えた金門は、百万枚の砲弾を受けたと言われた。呉氏は次第に廃棄した弾殻を調達し、意匠を凝らし砲弾包丁を鍛冶した。今や「金門金合利鋼刀」の名は広く知れた。その上、後を継いだ呉增棟氏は更に鍛冶工場見学を始めた。観光客に大好評!



中小企業経営、経済省
Copyright © 2019 経済部中小企業処
住所:10646台北市羅斯福路二段95号3階 電話番号: +886-2-2368-0816ext227 / ファックス: +886-2-2362-9418
推奨環境:Chrome 31、Firefox 31、IE 9.0以降
アクセシビリティA (新しいウィンドウ)
.

QRバーコードスキャン

QRバーコードスキャン
.