:::

ガラス

台湾のガラス発展は1884年に始まって、既に126年を越えた。ガラス産業の拠点として開拓されたのは、ガラスに欠かせないケイ砂と天然ガスが豊富な新竹であった。21世紀の今でも、台湾で最も重要なガラス産業拠地である。台湾ガラスは汎用性高な器を生産したが、1960年から、順調な経済発展と進化した技術に伴い、「工芸」分野が現れた。現在台湾ガラスの2大主流は「工業ガラス」と「工芸ガラス」に分ける。

80年代になり、更に独特な工芸ガラスが現れた。個人工房の経営方式も増えた。まさに「商品差別化」「ブランド化」などのマーケティング原則に一致した。従来の価格主導型であったガラス市場に、見事に新たな市場を位置付けられた。そして、広義的な「台湾ガラス工芸」に格別・精巧・数量限定でオリジナリティ豊かなどのブランドイメージを付与した。

ここに至って、台湾ガラス産業は「工業から工芸へ・工芸が工業を貢献する」という好循環に歩んでいる。産業全般は垂直統合と水平統合に発展している。新竹から南の彰化まで帯状産業集落が形成した。これにより商品品質統一・技術向上・研究開発に強く貢献できる。短納期にオリジナルな発想を加え、受注生産の基盤を固め、国際市場でシェアを拡大する。

ここ近年、世界中「エコ」と「創作」のトレンドが巻き起こした前から、台湾ガラス産業は既に導入した。市場で求められる「環境にやさしく節約可能な商品を直ちに提供できる。同時に創作に特化した経営方針もうまく生かされ、立派な業績を達成した台湾ガラス産業は、アジア各国の見本である。

中小企業経営、経済省
Copyright © 2019 経済部中小企業処
住所:10646台北市羅斯福路二段95号3階 電話番号: +886-2-2368-0816ext227 / ファックス: +886-2-2362-9418
推奨環境:Chrome 31、Firefox 31、IE 9.0以降
アクセシビリティA (新しいウィンドウ)
.

QRバーコードスキャン

QRバーコードスキャン
.