:::

台湾茶

台湾。北緯21.5-25.5度、亜熱帯。海抜高い山間部は年中霧に包まれている。太陽の光が程よく拡散されるため、茶の木の光合成が盛んとなり、茶葉の香りは高く、茶の湯もまろやかだ。空気の相対湿度が高く、降雨量が豊富で、年間を通して温暖湿潤な気候は茶の木の栽培に最も適した環境だ。そのため、台湾は世界有数の銘茶の産地である。

世界で「水」の次に一番よく飲まれる飲み物はお茶である。台湾人に馴染みのウーロン茶は、福建・広東・台湾が主な産地だ。台湾産ウーロン茶は品質に優れ、世界のウーロン茶総産出量の四分の一を占める。

初期の台湾の茶の木の品種と製茶技術は、全て福建安渓と武夷山から伝えられたものだ。良好な栽培環境に加え、製茶技術の不断の改良によって、僅かではあるが、1861年には中国の厦門と福建に逆輸入された。更に1869年12万キロのウーロン茶が「FORMOSA TEA」の商標で、ニューヨークデビューを果たした。優れた品質が好評を博し、以後台湾茶が世界に進出する足掛かりとなった。茶葉の生産は当時台湾で最も重要な産業であった。

1980年以来、貿易の発達で国民経済所得は上昇し、国民の生活が豊かになるにつれ、茶葉に対する内需が外需を上回るようになった。そのため、輸出向けに大量生産していた紅茶と緑茶は、徐々に精巧で香り高い半発酵茶に取って代わられていった。とりわけ優雅な香りと豊潤で厚みのある味の高山烏龍茶が大衆に最も愛されている。天高く緑豊かな台湾は、気候、地理、土壌(土壌は鉄が豊富な粘性土が良いとされる)などの条件が茶の木の栽培に適しており、台湾の銘茶が独特の香りを放ち、国内外で高く称賛される所以となっている。

中小企業経営、経済省
Copyright © 2019 経済部中小企業処
住所:10646台北市羅斯福路二段95号3階 電話番号: +886-2-2368-0816ext227 / ファックス: +886-2-2362-9418
推奨環境:Chrome 31、Firefox 31、IE 9.0以降
アクセシビリティA (新しいウィンドウ)
.

QRバーコードスキャン

QRバーコードスキャン
.