:::
  • 塩水蜂炮

  • 見出し:塩水烽炮は台南の塩水地区で行われます。塩水武廟より催されるこの祭りは大型の砲台を組み合わせて(大量のロケット花火点火台が一緒になったようなもの)一斉に烽炮が轟き鳴り響きます。
  • 祭り期間:2016-02-21 ~ 2016-02-22
  • 開催場所:塩水武廟 台南市 塩水区 武廟路87号 塩水国中体育広場 台南市 塩水区 塩水国中
  • 連絡窓口:台南市政府 (武廟受付)
  • 電話番号 :886-4-23312688#117
  • ホームページ:http://www.twtainan.net/ja-jp

紹介

塩水蜂炮の習慣は清の時代に始まります。光緒11年(1885年)夏塩水地区で発生した疫病でたくさんの人々が犠牲になりました。人々はそこで神に助けを求め、それに答えた關聖帝君(関羽)は周倉爺という神を筆頭に疫病の地に降ろし、夜明けまで爆竹や花火に火を付け続けました。その結果疫病が減り、人々はこれに感謝したことから、毎年元宵の夜のこのイベントに繋がってきたのです。塩水蜂炮は世界三大民族フェスティバルの一つで台湾における宗教色の色濃い代表的なお祭りです。一斉にロケット花火に点火され、その賑やかさたるや、他に類を見ないほどです。毎年の観光客は非常に多く、平渓と並び称されるため「北のランタン、南の蜂炮」といわれています。さすがにそのスリルはかなりのもので、目や耳を保護するものなど、万全の安全対策が必要です。


おすすめコース

塩水地区の武廟前から開始されたお練りは全塩水地区へ廻っていきます


交通案内

"1.国道一号高速公路,新営/塩水交流道下,塩水方向約5-10分で塩水着。
2.新幹線嘉義新幹線下車→嘉義新幹線新営列車駅への専用車→ 新営客運到塩水(およそ30分毎に一本,時間約15分)
3.台湾鉄道新営列車駅下車→新営客運で塩水(約30分毎に一本,時間約15分)"

中小企業経営、経済省
Copyright © 2019 経済部中小企業処
住所:10646台北市羅斯福路二段95号3階 電話番号: +886-2-2368-0816ext227 / ファックス: +886-2-2362-9418
推奨環境:Chrome 31、Firefox 31、IE 9.0以降
アクセシビリティA (新しいウィンドウ)
.

QRバーコードスキャン

QRバーコードスキャン
.